遠隔二拠点生活 | Uraji Keiko

四国・愛媛県松山市「道後」

コロナ禍を機に東京・人形町と愛媛・道後温泉での遠隔2拠点生活をスタート。

誰もが、このコロナ禍で、ライフスタイルや価値観を変えざるを得ない。
これからの暮らし方や働き方について、今一度、見つめ直す時間が持てました。
いつか誰にでも訪れるシニアライフ、セカンドライフを見据えて、次に住みたい候補地をイメージし、いろいろと検討していました。
60代以降で日常生活を送ることを考えれば、
現実的には避暑地よりも、地方都市。車を運転しなくても、公共交通手段(電車)で移動が容易。最寄駅から徒歩3分以内のマンション。
デパートがあることなどが、わたくしの条件。
愛媛の道後、静岡の鷹匠、福岡の薬院、京都の御所南が、候補地でした。
結果、道後(四国愛媛県松山市)に、別宅を構えました。

リモートワークが主流となれば、遠隔2拠点生活もあり?
羽田空港から1時間10分で松山空港。
松山空港から道後温泉まで30分以内。
いろいろな可能性を模索中。

道後別宅に、年間90日以上の滞在が目標です。
とはいえ、ここが終の住処になるかどうかは?
その時々で、考えていけばよいかなと。
何事にも執着しない人生を送りたい。

#道後別宅日記 #道後別宅

東京都中央区日本橋「人形町」

1988年に結婚してから、現在までマンション、タワーマンション、戸建て、賃貸、所有物件を含め、7回の引越しを経験しています。

理由は、年齢に合わせての家族のライフスタイルがあり、その時々にあった、快適な住居や場所に暮らしたい!と、考えているから。

50代の現在は東京・人形町が拠点です。
場所、環境、住居、インテリアも、とっても気に入っています。